夏涼しく、冬暖かい空間を!

イーテックの省エネ遮熱工事

・ 夏が暑すぎて、工場や倉庫内で作業する社員さんが大変・・・
・ 夏の暑さ、冬の寒さをしのぐため、空調費がバカにならない・・・
・ 冷凍・冷蔵庫の表面に結露とカビがすごくて困る・・・
遮熱とは?
太陽から来る熱線により、物質(屋根・外壁など)が熱せられ、更に次の物体へ輻射熱を放射します。
それらは室内に向けて進んでいきます。この輻射熱を室内へ入らないようにすること、すなわち「遮熱」が何より大切なのです。
遮熱材と断熱材の違い
「真夏の事務所は暑く。エアコンが3台フル稼働していますが、それでも冷えません」
このような話はよく聞きます。分厚い断熱材だけで対応しようと考えていませんか。
断熱材は「熱伝播遅行型熱吸収素材」であり、太陽からの熱線によって生まれた輻射熱を吸収し。ゆっくり放熱する特性があります。そのため、夜間外気が冷えてからも断熱材からは、ゆっくりと熱が放熱され続け、熱帯夜に拍車をかけてしまうのです。
遮熱材は輻射熱を99%反射、外気の熱を室内へ放射しません。

  • 【お客様からのご要望】
    工場内が暑すぎる。
    少しでも袋詰めの作業をしている社員さんの労働環境を改善したい。

  • 【お客様からのご要望】
    工場内が暑すぎる。
    少しでも袋詰めの作業をしている社員さんの労働環境を改善したい。

  • 【お客様からのご要望】
    工場内が暑すぎる。
    少しでも袋詰めの作業をしている社員さんの労働環境を改善したい。




ページトップへ戻る