ワーキングマインド | イーテックは空調(エアコン)、LED、遮熱、太陽光発電などをBestMixさせたエネルギー提案を致します 

e-tec-world

気持ちと行動の一致(後)

2018.8.9

「気持ちと行動の一致」の続きです。

前半では自己一致の大事さをお話していたんですが、自己がぶれてる人に追い詰めるような聞き方は効果ないように思います。
そしてなにより、それにはこちらもも自己一致をしておくことが重要です。
面談をするほうの言葉と行動が一致してないのに、相手に良い問いをするのはこれまた極端に言えば、嘘になるんじゃない?と思うわけです。
自分のネガティブをただ見て、あると認識するだけでよいんですって。
でも、長く見ない。あると思うだけでよくて、その後にポジティブに考えればよい。
悪いと思う感情を、なかったことにしないことが大事とのことです。

これは自分に嘘をつかないという、心の健康のために大切な行為だと思います。

なぜ偽ポジティブに私の触手が向くかというと、私は「ポジティブな自分であらねばあかんのではないか」という枠にはまり、結局好きなことができず、良い子ちゃんをやってきてしんどいという過去があったからではと自己分析します。
自分のパーソナリティがいまいちわからず、気持ちを抑圧し歪曲した言動をして、自分を痛めつけてきたわけですね。
ええ、ご察しのとおり、楽しくないんですよ。これって。でも楽しくないとはいえない雰囲気を自分で作ってるわけです。ああ、怖い。

そりゃ、自己受容が行き届いていると、こんな気持ち感じなくていいんでしょうが、そういうわけにはいかない自分が今でもたまにでてくるんですよね。
これは私の課題ですね。
このように誰のせいでもなく、自分の課題と思ったら何とかなりそうじゃないですか?
人を変えることはできないけど、自分を変えることはなんとかできそうですから。

そして「やってやるぜ!」という明るいポジティブシンキングに聞こえないところは、私の個性なのです。
私にとっては「なんとかなるやろ」はかなりポジティブな発言なのです。
だから誰にもそれぞれ、しっくりくるものがあると思います。

勘違いしないほうがいいのは、その人によってポジティブの表現の仕方はさまざまだということです。
静かに頑張る人はそうは見えなくても、中身は前向きになってるかもしれません。
反対に明るく大きく表現することで、自分を鼓舞する人もいるでしょう。その人の特性を知ることはとても大事だと感じます。

と、いうわけで、ポジティブシンキングにはネガティブを知るということが近道なのでは?と思ったこのごろなのです。
ドロっとした気持ち、トゲトゲした思い、ねちっこい感情。どれもあなたの一部なのです。
自分の気持ちに正直になることは、すごく人間らしく素敵なことなのです。ネガティブはただ見るだけでいいんですから。

ネガティブを知った上のポジティブは説得力があって最強だと思いませんか!?
長々と書きました、読んでくださってありがとうございます。
では、ごきげんよう~。

気持ちと行動の一致(前)

2018.8.9

こんにちは、イーテックe-mind 田中優子です。
今週、わが社では面談が行われました。前期を振り返りながら、今期の目標を確認する時間になりました。

そこで本日のテーマは『気持ちと行動の一致』です。

みんなの話を聴いていて感じたんですが、イーテックは研修なども多数参加していて、かなり前向きで意識が高い傾向にあります。
しかしながら、いつも前向きというわけにもいかないときもありますよね。
そういう時って発してる前向きな言葉とは裏腹な態度や表情をしていることが多いですね。

それは決して悪いことではなく、正直な気持ちが現れているんだろうなと思います。
無理にポジティブにするって、楽しくなくない?と、思う私がいるんですよ。気持ちを高めるために言ってるのは良いのですがね。
苦い気持ちにフタをしても、結局心から笑えないんじゃないかという、私の疑問が頭をもたげるという感覚でしょうか。
とにかく違和感を感じてしまうんです。
語弊があるかもしれませんが、あえて言うと「うそ臭いな~」って思ってしまうんです。

こんな風に思うって、わたしってほんま、自分の中にネガティブを持ってんねんな。とも感じます。
だからかもしれませんけど。本当にポジティブに言ってる人は、そう聞こえるんですが、偽っぽい時は「あれ?」って思うの。
そこで、先週代表から借りた本に書いてあったことが、私のこの疑問に光を与えてくれたのです。

それは「ネガティブな感情を押し殺してはいけない」という一文です。

偽ポジティブに囚われているときって、ネガティブなことを言って「悪」と思ってる傾向が強いように私も思います。
もしかしたら、ネガティブなことを言うと「そんな後ろ向きでどうすんねん!」と言われるのが面倒という側面もあるかもしれません。
ネガティブな感情がわいても、否認や抑圧や歪曲をせず、ありのままそのまま見ること。自分に正直であることの重要性を説いていました。
自分の気持ちを見て見ぬ振りをしてはいけないとのことなのです。
しかし、口に出して延々と文句を言うことは、これまた違いますよ。それはこれまた自分の負の感情に巻き込まれる結果になりますね。

そりゃなー。ええこと言うのが良いよ。言霊っていうし。でも湧き出た気持ちはどうすればよいのよってなもんですよ。
不快なことがあっても、これは私には必要なお勉強よ。と思うまでには、これを不快だと認識し、その行動をとらないとなりません。
自己概念と自己体験を一致させる、自己一致が大切というわけです。
言葉はポジティブなのに、行動はともなってないな~って時は、これが上手くいってないのでは?と思うのです。
なので「やります!」「頑張ります!」とはいうものの、何の行動もできてないときは、自分の言葉と気持ちや行動が一致してないと思うとよいのかもしれません。
自分の足を引っ張っているのは、実は誰の何かでもなく、自分なのではないか。

自分の気持ちに気づかない振りをしていると、どれが自分の本当の気持ちがわからなくなりませんかね?
本当に自分の心が喜ぶことが何かわからないってこと、たくさんあると辛くないですかね?

ここでもやはり「自分」を見つめるという課題が出てきます。
長くなるので、後半に続きますわよ。

やればできる?

2018.8.3

こんにちは、e-mind 田中優子です。
8月になりましたね。子供たちも夏休みですね~。子供たちにも良い話を一つ。

本日のテーマは『やればできる?』です。

元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんをご存知でしょうか?良く「暑苦しい」とか「やればできる!」と声を張り上げていると言われている方ですね。
先日ちょっと「おお~!」と思うことがあったんですよ。

それは松岡さんが「やればできるは大嫌い」と言ってるというのを読んだ時なんです。
松岡さんは根性論や感情論が嫌いで、どのように勝てるか分析してわかってるから言うらしいです。
理論に基づいた指導をしているからこそ「やればできる」と言ってるんですよ。
なので、感情論だけで言う根拠のない「やればできる」が嫌いとのこと。

わかるわ~。めっちゃわかるわ~。と、思いましたね。
「やる気がないからできないんだ」って言われると、「やる気があったらやってるわ」ってなるじゃないですか。わかるわ~。
似たようなものに「努力は裏切らない」があるように思うんですけど。
努力は必要だと私は思うんです、しかし間違った方向の努力をしてもな~。と感じることがあるわけです。
頑張る事はすばらしいんですが、この「根性論だけでは強くなれない」を聞いて、頑張ってる気になっててうまくいかないのは、この辺をわかってるようでわかってないのかな、と。
松岡さんは間違った頑張りをしても成長しないという持論なのです。

「なら、どないしたらええのん?」と、欲しがり屋さんたちは聴くことでしょう。
それなら頑張らんでもええやんと思ったアナタ、それはもったいないです!
頑張った方がええんですよ。
そこでもう一つ松岡さんの素敵だなと思ったところは、自分が弱いってわかってるところなのです。
弱さを受け入れていて、どこが弱いか知っていて、それを自己分析しているから戦略がたっているところに、なるほど感。

松岡さんは自分は天然ではなくキャラをつくってると言っていますので、この自分戦略が当たっていることがわかります。
弱さを認めて完璧に仕事をこなす姿…ゴルゴ13のデューク東郷にしか感じたことがありませんでしたよ、私。
余談ですがデューク東郷はプロとして必要な条件を聞かれたときに「10%の才能と20%の努力、30%の臆病さと残る40%は運だろうな…」とかっこよく答えてるんです。
自分が臆病だと認めてるからこそ、人が背後に立つことを嫌い、右手を触られることを嫌い(これには病気説もあり)、ベッドに横にならず銃を持ったまま寝るんですかね。

弱いところがあってもいいが、それに向き合うことが大事と言われているように思います。
弱さから逃げてがむしゃらに頑張ってもうまくいかず、良いとこさえも生かせないように思いました。
そこで松岡さんは「自分トリセツ」を書くことをすすめているようです。

自分の構造や性質を本当にわかってないと、自分をどう扱っていいかわかりませんよね。
自分すらもてあましながら、相手のことをわかってあげるのは難しいのではないでしょうか。
かっこ悪い部分がたくさん出てきてもそれが自分なのだから、まずは受け入れて。そして良い部分を伸ばしていくと、かっこ悪い部分すらチャーミングだと思えそうです。
私はここが弱点なんや、だからこそ頑張るんや。という感じです。

そんな自分が好きや!と、思えた時に聞く「やればできる」は効果があるように思いますが、どうでしょう?
子供にも子供扱いだけしたり、面倒くさがったりせず、「ここがこうだから君は素晴らしい」と言い続けるといいのかなと思います。
苦手なところはもちろんわかりつつ、その克服の仕方がその子にどれだけあってるのかは、分析していくうちに戦略もみつかるのではないでしょうか。
やる気スイッチを押す前に、きちんとその人を見てあげることが肝心ですね。
そのためには、コミュニケーションが大切ですね!では、ごきげんよう~。

ストレスの感じ方

2018.7.24

こんにちは、e-mind 田中優子です。
こちらでは「心がちょっと軽くなる話」を書いてます。

今日のテーマは『ストレスの感じ方』です。

先日、胃の調子が悪く病院に行ったところ「ストレス」ですと言われました。
す、ストレス…そんなもん、誰でもあるやろ。もっとこう、具体的なアドバイスをくれと思って聞くと「氷の入った飲み物を飲むな」という至極もっともなことも言われました。
そこですかさず「アルコールはいいですか!?」と尋ねることを忘れない私なのです。安心してください、飲んではダメとは言われませんでした。
そこで思ったんですが、自分でそう感じてないように思ってても、ストレスって感じてて身体に不調を与えるんですね。
そして良い出来事もストレスになるんですよね。プレッシャーなどもそこで感じるので、良い出来事だってストレスなんです。

ということはですね、それらから丸ごと逃げることはできないってことじゃないの?と思ったわけです。
ああ、もう、これだから人生って惨い。と悲観的になる必要はありません。気持ちの持ちようなのです!
なんて、書いてますけどね「大丈夫大丈夫、気の持ちようだって!」とか「とらえ方をちょっと変えるだけよ、簡単でしょ?」「幸せ感じてれば、強くなれるよ~」なんて言葉はあまり私には響きません(すいません、すいません)
そんなぼんやりとほわーんとした言葉では納得できない体なの、私。

ストレスには外から受ける外的ストレスと、自分の考え方による内的ストレスがあります。
これを区別することも大切です。
で、私は内的なものの処理が少々うまくないことが、上記の「そんなこといわれてもな」でわかっていただけるかと思います。
私のように妙な完璧主義な人間は、こういうところが下手です。この、妙なってとこがポイントで「そこは頑張れよ!」ってことはほどほどなのに「そんなとこにえらいクオリティをもってくるよね」っていう、どうでもよいことに頑張ってしまいます。
こんな「○○なべき」をたくさん持っているので、合理的なようで合理的ではないことをしてしまうわけですね。
自分の良いところを発揮するのが苦手だったということもあります。

しかしですね、これって訓練次第で直していけるようにも思うんですよ。
それにはちゃんと自分の事を客観的に言ってくれる人は必要に思います。これは素直に聴こうぞと思うことは大切ですねぇ。
自分でパパっとわかってれば最高ですが、わからない部分はまだまだあると思うので、自分を知るにも良いですよね。
人間が良い部分も悪い部分も持っていて形成されているのならば、これらを丸ごと受け容れて、良いところを伸ばすようなことを言ってもらえることが、良い人間関係なのではと思います。もちろん悪い部分を指摘されても、怒るだけではなくて自分でも自分を受け容れて、その部分は迷惑かけないように自分の中でなだめていこうとなれば、楽になれそうですよ。
自分で悪いと思っても、人から見ると魅力だったりしますしね。
繰り返していくと、ストレスに強くなれそうです。もちろん私はまだまだ鍛錬が必要です。

自分のストレスを知ることは、メンタルヘルスには必要ですので、まずは「なんかしっくりこない」「どうしてだろうイライラする」「なぜか悲しい」という自分を大事に感じてみてあげてると、きっと自分の体や心が教えてくれると思います。
人に話せるなら話してみてもいいんじゃないかと思うんですよね「そうか、そう思うんだね」って言ってもらうとちょっとずつ気の持ちようも変わるように思うのです。

心身ともに健康が素敵ですね。
それでは、ごきげんよう~。

自分の機嫌は自分でとる

2018.7.19

こんにちは、e-mind 田中優子です。
今日からこのページで「ちょっと心が軽くなる」お話をしていければと思ってます。

本日のテーマは『自分の機嫌は自分でとる』です。

この言葉を初めて聞いたのは5年前のコーチング研修の時です。
その頃の私は、こんな落ち着いてもなく、常に斜めを見ているひねくれ者でしてね。
何を言われても「はぁ?」という、そりゃー非常に態度の悪い人間でした。
「日常のだいたいは機嫌が悪い」という状態といっても過言ではない日々もあったわけで。しかも口に出すわけではなく機嫌が悪いのでは、何を考えてるかわからんという始末。
ほんまとっつきにくかったでしょうし、自分も楽しくなかったんですよ。
そんな私でも、その時の話の中で一番響いたのがこの「自分の機嫌は自分でとる」でした。

しかし!それがなんと難しいことか。
無理やり機嫌を良くしようなんていっても、ならないのです(そりゃそうだ)
言葉ではわかっているけど、できない、キィー!という、機嫌がよくなるどころか反対にムカムカしてしまう自分を感じて自己嫌悪。
どうしたらいいの?すぐに忘れるとかいうスキルを身に着ければいいの?無理なんやけど~。何を言われてもされても笑うとか、どういうことやねん。てか、機嫌悪いのしゃーないし、腹立つねんから!ってね。

完全に人のせいなんですよ。お恥ずかしながら。こんなことばかり繰り返していてもいいことなんてないのに。
自分の気持ちに向き合うことができてないかったんですね~。
機嫌が悪いに巻き込まれて、何に不機嫌なのかわかってないのです。あるあるなんです。かっこ悪いので見たくないですもん。

でも、なーんとなく最近できるようになってきたんです。おお、これって成長なんじゃない?(←これを自分で感じるのも効果的かと思います)
私の『自分の機嫌を自分でとる方法』は「自分の機嫌の悪さをとことん追求する」です。
何に機嫌を悪くしたのか?誰の態度や言葉に機嫌を損なったのか?何に傷ついたのか?自分はどうしてもらったら良かったのか?…
と、自問自答しているうちに「わかってもらえない」という自分の気持ちが、機嫌の悪さを表すことで「ご機嫌を誰かにとってもらおうとしている」ということに気づいてきて「これは実にかわいくない…」となり、「もうやーめた、怒るの。めんどくさい」
なんていうまどろっこしいプロセスをふみます。

私の場合は理屈っぽいので、こんなふうにとことん突き詰めていくやり方が合ってるんですが、あなたにはあなたに合ったよい何かがきっとあります。
それには上に書いたように自分がどんな性質なのか知ることも大切に思います。
理屈っぽいと書きましたが、私は「なぜそうなるのか」「なぜそう感じるのか」ということを考えることが好きなので、理屈っぽいことを別に悪いことだと思ってないんです。

『自分の機嫌を自分でとる』には自分のことを知ることも近道なのかなと思います。
だいたいは自分の感情で機嫌を損なってることが多いです。今の自分が悲しいのか、不安なのか、さみしいのか、情けないのか。こんな感情を大切に思うと、それだけで怒ってることが自分を傷つけるということに気づけます。
ですから「ああ、私はいま機嫌が悪いぞよ」と気づくことは大切です。
「それならこの魔法の言葉でやっつけようぞ!」という一言を持つことも良いかもしれません。誰かの名言でも、言われてうれしい言葉でも、思い出すだけで前向きになれると良いですね。

私の魔法の言葉ですか?
今日は初日なので特別にお教えしましょう。
それは「それじゃ、かわいいおばあちゃんになれないぞ☆」です。
私はかわいいおばあちゃんになる予定なので、かわいくない態度は余分なのです。かわいいの定義はそれぞれなのですが、かわいいおばあちゃんはきっといつも不機嫌ではなく、ご機嫌に鼻歌を歌ってなんでも良きに計らっていると推測します。
(この言葉は私の心の中で思うので、むやみに私に言うことは避けてください)
自分の機嫌を自分でとることは、周りにとっても良いのですが、自分にとってとてもプラスになるのでおすすめなのです。

ムッと来た時に意識してみてはいかがでしょうか?
では、ごきげんよう~。




ページトップへ戻る