実は大きい、照明が占める消費エネルギーの割合

オフィスビル全体に占める照明の消費エネルギーの割合は21.3%、オフィス専用部分(テナント使用)だけで見ると、なんと40%が照明に使われています。 照明をLEDやCCFL(冷陰極管)に変えることで、直接あるいは空調効果などの間接的な効果も含めて、大幅な省エネとCO2削減効果が期待できます。

LED照明 4つの特徴

一般的な蛍光灯やダウンライトなどと比べて約1/2~1/10。75W相当のハロゲンランプなら、たった8WのLED照明で同等もしくは、それ以上の光量があります。


飲食・小売業のお客様にとって、照明で特に気にされるのが熱による弊害です。LED照明は赤外線や紫外線の放出量が少なく、照射による光の熱も少ないため商品の色あせ、変色や照射される壁などの劣化までも起こりにくくなります。


常時点灯で40,000時間という長寿命!特にハロゲン球は頻繁に交換することが多いですが、LED照明なら40,000時間経過後も徐々に光量が落ちていくため交換の手間が大幅に省けます。


赤外線や紫外線の放出量が少ないLED照明は、生鮮食品の鮮度の劣化を助長しません。紫外線による虫の飛来も軽減されますので虫の死骸や糞害対策としても有効です。



LED照明を導入したお客様の声

低価格・低消費電力・長寿命で話題のCCFL「Y.E.S LIGHT CCFL TUBE」

CCFL(冷陰極管)とは

LEDと同様に省エネ照明として注目を集めているのがCCFL(冷陰極管)。一般の蛍光ランプよりも細くて長寿命なため、主に液晶テレビやノートパソコンのモニターなどのバックライト用光源に使用されています。
蛍光ランプが電極を加熱することでエミッターと呼ばれる電子放出物質から電子を放出するのに対し、CCFLは電極間に高電圧をかけることで電子を放出するので、一般の蛍光ランプよりも長寿命、低消費電力、電源のオンオフに強い、という特徴を持っています。

Y.E.S LIGHT CCFL TUBEの特徴

照明をY.E.S LIGHTに交換するとランニングコストの削減に!

  40W型一般蛍光灯 32W型Hf蛍光灯 YES LIGHT
CCFL TUBE
消費電力(電源込み) 約45W
約36W 約27W
年間電気使用量 40,500kwh 32,400kwh 24,300kwh
年間電気代 891,000円 712,800円 534,600円
年間CO2排出量 13,730Kg 10,984kg 8,238kg
寿命 6,000~12,000時間 12,000~15,000時間 40,000時間
通常10年の長寿命

LEDとの比較

  LED CCFL
省電力性能 約22~28W 約27W
寿命 40,000時間 40,000時間
演色性 製品による Ra=80の高演色性
配光性能 直進性の強い(真下が明るい) 蛍光灯に近い配光で空間全体に広がる
価格 - 国産LED蛍光灯の半額~3分の1

Copyright 2014株式会社イーテック