ワーキングマインド

リフレーミング

2018.11.6

こんにちは、イーテックe-mind 田中優子です。
寒くなってきましたが、悪いことばかりじゃないですよね。

本日のテーマは『リフレーミング』です。

「リフレーミング」という言葉を聞いたことありますでしょうか?
意味は「事実に対して与えている意味づけを変え、異なる見方でとらえ直すこと」と書かれています。
「違う枠組みで見る」という言い方もできます。

起こっている出来事は一つですが、リフレーミングすることで認知が変わっていくという感じでしょうか。
よくある例に「コップの水の考え方」がありますね。
コップに水が半分入っていて、それを「まだ半分ある」ととるか「もう半分しかない」ととるか。ってやつ。
これでポジティブとネガティブを分けるのは、少々違うような気がして、私はあまり好きではないのでいいませんけどね。
ただ半分ある状態というフラットな言い方もできるのですが、同じ状態でも言い方で受け取り方が変わります。

簡単なもので、「うるさい人」をリフレーミングすると「元気な人」と言い換えることができますよね。
「しつこい」と「意志が強い」、「優柔不断」と「思慮深い」こんな感じ。
えー、こんな簡単なもので感じかたの何が変わるの?って思うでしょうけど、これを意識するととても楽になるのです!
リフレーミングには「状況のリフレーミング」と「意味のリフレーミング」があるので、ここも使ってみると面白いですね。

弱点や短所、嫌な出来事があっても、逆に言うとチャームポイントや長所そして楽しい出来事に変換できると、クヨクヨすることも減りそうです。

先日娘と出かけていて、軽い渋滞に巻き込まれたんです。
私はついつい「あー、混んでるなぁ」とため息ついて落胆してたんですが、娘は「車で好きな音楽がたくさん聴ける(時間になる)からええよ」と言ったんですよ。
「あー、この人ポジティブやわ~」と心から思いました。
無理やりに良いように捻じ曲げていくのでなくて、すごく自然にこの時間を楽しんでる姿勢が素敵だったわけです。
これも立派なリフレーミングだなと思いました。

起きている出来事は一つなのですが、感じ方や受け取り方は何通りにもなります。
冒頭で書いた「寒くなって悪いことばかりじゃない」というのは「寒くなるとお鍋やらおでんやら焼酎やらぬくぬくしながら楽しめるものが増える」という幸せがあるので、悪いことばかりじゃないと思います。
この程度から始めた方が私には合ってるんでね。
いきなり「この試練は神が与えた私へのギフトである!」と考えると疲れるので。
ぼちぼち「そういやー、こんな考え方もあるか、よし頑張ってみようか~」くらいがちょうどいいです。
その時悪い出来事だったとしても、後で考えるとありがたいことだったんやろなと思えるとええかなという感じですね。

もちろん瞬間によい言葉に変えてみる癖をつけると、格段に楽しい度が上がります。
どうせ同じ出来事なら、気持ちよい感じ方をしていきたいと思います!



ページトップへ戻る