ブログ

非常時に活躍、蓄電池

2018.9.19

こんにちは、イーテックe-mind 田中優子です。

9月になりまして朝晩が涼しくなってきましたね。昼間はまだまだ暑いので、こういった気温差があるときは体調を崩しやすいので気をつけましょう。
私は暑いのが苦手なので、涼しくなってくる秋が好きですね。
ヒガシマルのうどんスープのCMがどさどさ流れるようになったら、私の中で「冬が近づいてきた」になってます。最近良く見るようになってきました。
あのCMの歌、ついつい歌ってしまうわ…。うどんうどんうどんス~プ♪

そんなことはさておき、先日の台風でも地震でも停電が辛かったという話をたくさん聞きました。
弊社の社員の家も数日停電していたらしく、何をするにも困ったということでした。
最近はガスがいけても電気がきてなければお湯が出ないという給湯が多いので、「お風呂も入れないから水シャワーやわ」という方もいましたね。
でもそのあと、ドライヤー使えないんでしょ?みたいな。
災害に強くならないといけませんね~。

そこで、オススメなのが「蓄電池」です。
太陽光を設置しているならば、蓄電池を検討してみてはいかがでしょうか?
蓄電池で耳にはするけど、結局のところどうなん?というのが本音でしょう。ええ、わかりますよ、その気持ち。
決してお安いものとは言いませんが、それだけになかなかのポテンシャルを秘めていますので、災害時にためてあった電気が使えて助かったという声を頂きました。

普段は太陽光でできた電気をためておいて、効率の良い時間に使うということができるのです。
もしもの時には「絶対に冷蔵庫だけは死守したいの!」という奥様の願いをかなえるべく、蓄電池から冷蔵庫に優先して電気を送ることができるように設定できます。
太陽光で発電しながら余った電力を蓄電するので、使いたい夜に能力を発揮してくれます。
もちろん災害は起きて欲しくないのですが、備えあればというものですね。

電池つながりで、乾電池が品切れという話もありましたね。
単三電池は良く使うから家においてある確率が高いけど、懐中電灯やラジオなどに使う単二や単一電池はあんまり買い置きしてないことありませんか?
単三電池と、単二電池は高さが同じなので、単三電池に布などを巻いて代用できるそうですよ。
単三電池と単一電池は高さが違うので、代用が難しそうですが、同じように布などを巻いて固定させ、マイナス側にアルミホイルを丸めたものをあてがうと、あら不思議ぴったり単一電池の代用ができるそうです。

あくまで非常用なので、いつも使うのは推奨できませんが、急を要する時に覚えておくと良いですね。
知恵と工夫があると、必要以上に不安になることが減りますよ!
そんな非常時に良いお話でした。



ページトップへ戻る