暑くなる前に空調の入替、故障、修理のご相談はこちらへ

ブログ

雨の日の花粉症

2019.3.11

こんにちは、イーテックe-mind 田中優子です。

土曜日なんですが、鼻が詰まる・目がかゆい・くしゃみがでる・頭が重いという症状が出まして「つ、ついに私も花粉症!?」とおののきました。

聞くところによると、あんまりにも花粉が多く飛んでいると、大丈夫な人でも多少なにかしらの症状がでるという、一時的なものがあるようですね。
いや、もう、やめて。そういうサプライズいらんから。
みんなこんなの毎日味わってるんか、そりゃ大変やわ。
思わずマスクを買いました。
そして地味に目は今日もかゆいのです。

それでも勝手に「雨の日は症状が軽いのではないか?」と思ってる私がいるんですが、どうもそうでもないとのこと。
なので、ちょっと調べてみました。

それによると、雨が降る時に、地上に一気に花粉が降りてくるらしいです。
この「一気に」というところがポイントなんでしょうか。実はどんっと増えてるんですね。見えないからわかりませんが。
いや、見えたらこわいな。世界が黄色く見えたら余計かゆくなりそうですね、いろいろ。

そして、雨ということは気圧が下がります。すると、人間の体はヒスタミンが分泌されやすくなるそうです。
ヒスタミンとはかゆみなどを引き起こす、アレルギー物質!「全ては貴様のせいか!?」といってもいいようなあいつが分泌されやすいのが、飛散量は抑え気味の雨の日って、神様はとんだ試練を人間に与えたものですね~。

こんな原因はあるようですが、そもそも「雨の日は花粉が少ないやろ」という油断がいけないらしいです!!
YU・DA・N!!
ここにきて己の気の緩みのようなことが書かれてて、余計辛くなります。
「雨が降っているのに症状が出て辛い」って事が印象に残りやすく、「雨の日はしんどい」と思うこともあるようです。
人の感覚ってなんだか脳に操られているように思いました。

でもって、次の日に晴れると地上の花粉が一気に舞い上がって、これまた大変ってのが繰り返されるようです。
ネットではヤクルト400がいいとか噂になってますが、にわかに飲んでもダメですよねぇ。
腸内環境を整えるのは、健康には良さそうなので、試してみてもいいのかもです。

まだまだこの季節は続きますので、私も気をつけようと思います。



ページトップへ戻る