空調の入替、故障、修理のご相談はこちらへ

ブログ

夏の終わりにはエアコン掃除を

2019.8.22

こんにちは、イーテックe-mind 田中優子です。

8月も終わりに近づいてきました。そろそろ秋めくでしょうか?
こうやって考えると夏も短いですね。

まだまだ暑いですが、すぐに涼しくなってきますね。この夏フル稼働していたエアコンも冬までしばしのお暇となります。
しかし、そのままほったらかしにしていては、冬の暖房も快適にならないのです!

実は夏にエアコンを使った後って、カビが発生しやすいんですの。
久しぶりにつけたエアコンの風がなんか臭うってことありますやん、これはカビの可能性が高いです。
なぜカビが出来やすいかというと、エアコンからの冷風と室内の暑さの温度差でエアコン内部に結露が起こるからなんですね。
その水分とホコリが原因でカビが育ちやすい環境の出来上がりなのです。

洗濯物を室内に干すことが多くなったり、お風呂の湿気がたまりやすい場所、台所の辺りなどは特に注意が必要です。
ですので、夏が終わって冬が始まるまでには、エアコンのお掃除をオススメします。

簡単なところではフィルターの掃除ですね。
掃除機で吸うのもいいのですが、脂などもついてべとついているなら、洗剤で水洗いしておくのがいいでしょう。
もちろんきちんと乾かすことが大切です。
そしてルーバー部分(風が出るところ)もチェックしてみてください。
ここも拭いていきましょう。

冷房を切った後に送風をかけておくのもカビ予防には効果的ですよ。
部屋の換気も行いましょう。

少し気を使うだけで、次回の使用が快適になりますし、エアコントラブルも少なくなります。
「内部までも気になるわ」って方は、クリーニングを依頼することも考えてみては。
カビたままでエアコンを使うと、撒き散らしてしまい、咳がとまらなくなったり肺炎になったりという病気にもつながります。
健康のためにもエアコンは上手に使いましょう。



ページトップへ戻る