空調の入替、故障、修理のご相談はこちらへ

ブログ

フロン排出抑制法、点検を!

2020.6.11

こんにちは、イーテックe-mind 田中優子です。
関西も梅雨入りしまして、連日どんよりしています。湿気がすごいのか、髪の毛もぼさぼさになりますね。

それよりも洗濯物が乾きにくいのが困りますね。毎年言ってますね。
梅雨のときはしっかり雨が降ったほうが自然でいいんでしょうけどね~。わかってはいるけど晴れてるほうが好きですね。

私の卓上カレンダーは関西電力さんのものなのですが、6月のところ関電キャラクターのはぴ太君、ゴルフしてるんですよ。
いちおうキラキラしてるので、梅雨の晴れ間のような感じですけど、アジサイの咲く中のゴルフ。
6月は雨が多いので、だいたいが傘をさしたキャラクターかもしくは「カエル」が多い中、ゴルフをチョイスするところが挑戦的だなと思っています。

ちなみに「はぴ太」の妹は「はぴ美」です。お父さんが「幸夫」でお母さんが「幸子」というところを見ると「はぴ」は「ハッピー」からきているのでしょうか。

さて、仕事場のエアコンも本格的に活躍していることと思います。
ところで2020年の4月から、「フロン抑制法」が改正されていることをご存知でしょうか?
業務用のエアコンや冷凍冷蔵機器に入っているフロンガスについて、規制が厳しくなっています。

機器を廃棄するときのガスの回収はもちろん、回収の引取証明書をかわすことが必要です。
きちんとフロン類ガスを回収してもらいましょう。

そして使用している機器にも、フロン点検が必要になってきています。これには「簡易点検」と専門業者にお願いする「定期点検」があり、点検の記録を残しておくようになっています。
特に年数が経っている機器は冷媒(ガス)の種類も古いのでオゾン層破壊に繋がりやすいようです。漏洩しては大変です。

イーテックはもちろんフロンの回収に伴う「ガス回収行程管理表」をお渡ししますので、撤去の時は営業のものにお尋ねください。
気になる「フロン排出抑制法」についても、よくわからないって方は営業担当に相談してみて下さい。

フロンなどの冷媒は二酸化炭素の100~10000倍の温室効果になるらしいですよ!
適切な処理や点検で暮らしを守りましょう~。



ページトップへ戻る